ぷてぃ・べるじぇについて

「地方固有産業としての農業を盛り上げ、地方活性化に貢献する」
私たちはそんな想いを持って、「ぷてぃ・べるじぇ」を開業しました。

ご存知の通り、今の日本は人口・経済などが東京に一極集中しています。
「本当は田舎で暮らしたい。けれども仕事が無いから生活して行けない。
仕方がないので東京に住み、東京で働いている。」
そんな人たちも少なくないのではないでしょうか?

「東京への一極集中が続くと地方はどうなるのか?日本はどうなるのか?」
そんなことを考えるようになりました。
特定の都市だけが元気な状態では、
長期的には日本全体が衰退して行くのでは、という危機感を抱いています。

私たちの世代だけでなく、息子の世代、孫の世代にも
素敵な地方がたくさんある日本であって欲しい。

そのために地方固有の産業として農業を盛り上げていきたい。
地方で暮らしたい人は地方で,もちろん都市部が好きな人は都市部で暮らせる。
選択肢が広がって行けば、多少なりとも地方活性化につながって行くと思います。

脱サラして就農した私たちが農家として楽しく生活でき、そして同じような仲間の輪が広がって行けば、
「田舎に行っても暮らして行ける」と感じてくれる人も徐々に増えてくるのではないでしょうか?
まだ私たちの挑戦は始まったばかりですが、地道に努力を積み重ねていきます。

最後になりますが、「ぷてぃ・べるじぇ」はフランス語で「小さな果樹園」という意味合いです。
いたずらに規模を求めず、私たちが目の届く範囲で、
誰からも愛されるような可愛らしい農園にしたいという想いで名づけました。
今は本当に小さな小さな果樹園ですが、ご愛顧のほど、よろしくお願いいいたします。

園主 中村和博 

メンバー紹介

中村和博(園主)

中村和博(園主)

革新を追求し、伝統を守る

好奇心旺盛な性格なので、新しいものにはすぐに飛びついてしまいます。ぶどう栽培も日々進歩しているので、より高品質なものが作れるよう革新的な方法にもチャレンジ!
一方で、今まで努力を積み重ねぶどう産地としての地位を築いてきた先輩農家の想いややり方も、やはり尊重していかなくてはいけません。
新しいものにチャレンジしつつも、古き良きものも守っていく。そのバランスを意識しながら、よりよい方法を模索して、最高のぶどうを皆さまにお届けします!

1978年生まれのB型。埼玉県出身。大学卒業後、陸上自衛隊へ入隊。その後、人事系コンサルティング会社、IT系コンサルティング会社などを経て、2010年にぷてぃ・べるじぇを開業。
趣味は農機具集め、ガンダム。


中村忍(フードコーディネーター)

中村忍(フードコーディネーター)

女性目線、母親目線で

園主の妻であり、3児の母。
小さな子供を持つ母親として、安心して子供に食べさせられるおいしいぶどうを作りたいと思っています。
常に女性目線、母親目線でぶどう作りに取り組み、子供から大人までみんなが楽しめる、和気あいあいとした農園を目指していきます。

1977年生まれのB型。福岡県出身。防衛大学卒業後、陸上自衛隊へ入隊。2010年に退職して、「ぷてぃ・べるじぇ」を開業。
趣味は文房具集め、ピアノ。
FCAJ フードコーディネーター2級(食の商品開発)


きやすばる&れみえる(看板DOG)