ブログ

種あり巨峰の話

 
カテゴリ:ぶどうの品種紹介  コメント: まだありません

Share on Facebook

今年の収穫も折り返し地点を過ぎました。
収穫を始めた頃は、朝の冷え込みもそれほどではありませんでしたが、10月を目前にした最近ではすっかり冷え込むようになり、早朝に収穫を行う夫は長袖を何枚も重ね着して出かけるようになりました。
ひんやり冷たい空気で冷やされたぶどうの実は、ぷりっぷり。思わず、梱包作業を始める前に、味見してしまいます。

畑を見渡せば、房が一つもなくなった樹も出てきました。
品種によっては収穫の終わりを迎えたものもあります。
ぷてぃ・べるじぇで一番栽培面積の広い種あり巨峰も、成熟の早い雨よけの下はすべて採り尽くし、露地エリアに突入しました。

完全露地栽培の巨峰は、房の大きさこそ小さ目ですが、深い味わいを湛えています。
風雨にさらされ、厳しい環境に耐え抜いたぶどうには、力強さが備わっている気がします。

最近では種なしのぶどうを多く見かけます。「ぶどうは種があるのが面倒でね~」という方にも気軽にぶどうを楽しんでいただくことができますし、種を上手に出すことのできない小さなお子様などにも良いと思います。
種なしにすることでよりその品種の良さを引き出すことができるものもあります。

当園でもナガノパープルやシャインマスカットなど、皮ごと食べられる種無しぶどうを栽培しています。
ただ巨峰については、種ありにこだわって栽培しています。
それは、種あり巨峰には種なし巨峰にはどうやっても出すことのできない、深い味わいとコクがあるからです。

意外かもしれませんが、種なし巨峰を作るより種あり巨峰を育てることの方がずっと大変なことです。
(このあたりのお話はまたおいおい…)
また、やはり市場での人気も種なしに軍配が上がります。
それはもちろん、取引価格にも反映されてきます。
農家にとっては種なし巨峰を作って売った方が、数字の上では効率的と言えるかもしれません。

そういったことはわかっているのですが、それでも私たちは種あり巨峰にこだわりたいと思います。
それは純粋に「おいしい!」と思えるものを作りたい。
本当に「うまい!」と言ってもらえるものをお届けしたい。
自分たちが納得できるものを大切な人たちに食べていただきたい。
そんな想いで、私たちは今年も来年も種あり巨峰を作り続けていこうと思います。

当園自慢の種あり巨峰も残りあとわずかとなりました。
お日様をいっぱいに浴びた露地モノの巨峰。
今シーズンの締めくくりとして、味わってみてはいかがですか?

小ぶりな房ですが、味は当園の折り紙つきデス。
ご自宅用としてはもちろん、気を使わない親しいご友人、ご親戚への贈り物としても最適。
【あうとれっと】巨峰がオススメです。

ぷりっぷりでと~ってもジューシーな実。
収穫期も後半戦に突入しています。
旬の果物で季節を感じてください!

コメントを投稿するにはログインしてください。

ブログ

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

ぷてぃ・べるじぇの詳しくは・・・

関連組織

お気に入り

オンラインショップ
お問い合わせ