ブログ

カテゴリ:フードコーディネーター

「食べる」ことから世界が広がる!こころで食べる味わい教室、始めます

 
カテゴリ:フードコーディネーター  コメント: まだありません

お久しぶりです!園主の妻で、普段はほとんど農家のおばちゃん、そして時々フードコーディネーターの忍です。最近の私は、自分がやりたいと漠然と思い描いていたことが、少しずつ具体的になってきたような気がして、ちょっとワクワクしているところです。

就農したころから、「農産物をもっと身近に感じてもらいたい」と考え、フードコーディネーターの資格をとったところまではよかったのですが、その後活動の方向性を定められずにいました。
「食卓から遠く離れたどこかで栽培された農産物」ではなく、「こんな場所で、こんな人が、こんな風に作ったんだ」とストーリーもお届けできたら、食べることももっと楽しくなるのではないかと思います。
HPやブログ、SNSなど、情報を発信するための便利なツールはいくらでもありますが、できることなら多くの方と実際にお顔を合わせて一緒に楽しむような企画が出来ないかと考えていました。

そんなところに、フードコーディネーター協会の理事の方から、「味わい教育」のご紹介をいただいたとき、「これは、私のやりたかったことを実現できそうだ」と本能的に感じました。
そういうわけで、すぐさまインストラクター養成講座への参加を決めました。

「味わい教育」と聞くと、「味覚教育」と思われるかもしれません。
確かに、味覚を鍛えることも重要な要素ですが、「味わい教育」は味覚教育だけにとどまりません。
わかりやすい言葉でいえば「食育」ですが、栄養学や食物学の知識を教える教育でもありません。
「味わい教育」は五感をフルに活用して食べることによって、生きる力、考える力、感謝する力、感動する力、コミュニケーションする力、文化や未来を創造する力を育んでいく、「人間教育」です。
例えば、「このトマト、いつもより味が濃いね」「どこで作られたんだろうね?」「どんな人が栽培しているのだろうね?」「どうやって運ばれてきたんだろうね?」「どこで買ったの?」「トマトはどんな気候で育つのだろう?」「トマトのおいしい時期はいつだろう?」「トマトの色って、真っ赤なお日様のようだね。見てるだけで元気になるね」「トマトって健康に良さそうだよね」…という風に。たった一つの食材から、いろんな世界が見えてきます。

私が参加した講座のアクティビティでは、先生が一本の大根を取り出しました。
「この大根見て、どう思う?」
だいたい主婦の人なら、「どうやって料理しようかな?」と考えるでしょう。次に、そのレシピや材料を思い浮かべるかもしれませんね。
次の瞬間、先生が大根にかじりついて言いました。
「なんでそうやって頭で考え方えようとするの?この大根どんな味かもわからないのに?」
素材の味を大切に…などと言いながら、素材自体の味のことを考えてなかった!

また、別のアクティビティでは、数種類の透明の水を飲んでみて、基本五味を識別しました。
自分が塩味と旨味の違いをよくわかっていなかったことに気が付きました。
人間の舌は、考えていたよりも鋭敏にできています。しかしながら、日頃は濃い味付けに慣れ過ぎているあまりに、薄味を物足りなく感じていると思いました。

このように、「こころで食べる 味わい教室」では、食べることをもっと楽しい、わくわくすると思えるようなアクティビティを準備しています。大人から子供まで、食べることに興味がある人ならどんな人でも参加できます。日々の食事でほんのちょっと意識するだけで、違った世界が広がりますよ。
私も、研究所の先生方のように、参加者の方の感性を大事に、「伝える教育」ではなく「引き出す教育」をめざして生産者という立場ならではの教室を開催したいと思います。また、地方で活動するインストラクターとして、その地域ならではの食材なども取り上げて、教室を開催してみたいと思います。

そして、インストラクターになりたてでまだまだ未熟ではありますが、ぶどうがまさしく旬を迎えたこともあって、記念すべき(?)第1回こころで食べる味わい教室を開催することになりました!
下記にご案内しますので、お近くの方はぜひいらしてくださいね!

日時 平成26年9月27日(土)10:00~2時間程度
場所 生坂村北陸郷 上野農村公園
インストラクター 中村忍(フードコンシャスネス研究所 味わい教育3級インストラクター)
参加費 一人1,000円(当日受付時にお支払いください)
食べることに関心のある方ならどなたでも参加できます。親子での参加大歓迎です。ただし、4歳未満の小さいお子様は同伴可能ですが、託児はありませんのでご承知ください。
お申し込みは、shinobu.nakamura@petit-verger.comまでお願いします。

ぶどう畑を眼下に見下ろす丘の上で、旬を迎えた採りたてぶどうを数種類食べ比べる楽しいアクティビティを計画してます。ぜひ、信州の秋の気配を感じてみてください。
当日の朝食は刺激物を控えて来られることをオススメします。

また、私が認定を受けたフードコンシャスネス研究所でも、学習院女子大学にて一般の方でも参加できるワークショップを随時開催しております。
お近くの方はこちらにもぜひ足を運んでみてくださいね。
フードコンシャスネス研究所

以上、園主の妻の初心表明とご案内でした(^^♪

フードコーディネーター2級試験に合格しました!

 
カテゴリ:フードコーディネーター  コメント: まだありません

5月末に行われたフードコーディネーター協会の懇親会に参加して、「やっぱり、2級を目指そう!」と一念発起した私。
慌てて受験勉強を始めたのですが、一発合格するなど到底無理と思っていたので、3年くらいかけて合格できればいいかなと思っていました。

計算問題に手こずって、思ったように回答できなかった1次試験。その時点ですでに今年の不合格を覚悟したのですが、運よく1次試験を突破し、気分的にはずいぶん楽になりました。
1次試験は一度合格すると、次回以降は2次試験のみの受験で良いからです。

チャンスをもらったと思って臨んだ2次試験は、自分なりに「そこそこ書けた」と手ごたえを感じるものではありました。
勉強方法はテキストを眺めるよりも、食材の原価をスーパーで確認したり、レシピ本見てどんな書き方してあるか参考にしてみたり、「この食材を使ってメニューを考案するなら・・・」と夕食作りのついでに考えてみたりした程度でした。

当日のメニュー開発の試験問題も、「シェフの洗練された味」を求められたのではなく、「ファミレスのほっとする味」を求められたのも、庶民的な主婦にとっては回答しやすかったのかもしれません。
そして、何よりもキッズメニューの開発では、2人の幼い子供の母親として、日々食事を作っていた経験が役に立ちました。「ファミレスに行ったときに、親としてはどんなメニューがあったらうれしいか、また、子供の食いつくきがいいのはどんなメニューか」といった観点で、メニューを提案できたのは良かったかもしれません。

とりあえず、2次試験ではベストは尽くせた、と思い、その後ぶどうの収穫が始まったので、試験のことなどすっかり忘れかけていたのですが、先日合否通知が届き、なんと無事合格していることがわかりました!!
やったぁ~!!

農作業で忙しい中、試験日に子供の面倒を見てくれた夫、そして義母、いい子で留守番してくれた子供たちにも感謝です。
子持ちで遠方まで受験しに行くとなると、勉強だけでなく「試験の日、誰がどうやって子供の面倒を見るか?」段取り整えるだけで大変です。

今回受験してみて、自分の頭の整理ができたし、まだまだ不十分な点も把握することが出来ました。
農園の加工品開発などにも役立つだろうと考え、今回は「食の商品開発」は2級を取得しましたが、今後は販促に役立ちそうな「食のイベント・メディア」や「レストラン・プロデュース」についても見識を深めたいと思います。
もちろん、「食の商品開発」は、この勢いに乗って1級も目指そうと思います。

今は「ぷてぃ・べるじぇ」を軌道に乗せることと育児が最優先ですが、どちらも落ち着いたら、フードコーディネーターとして、商品開発をはじめとしたお手伝いがしてみたいなと思っています。
その時までに、しっかり研鑽を積んでおかなくてはなりませんね(^_^)v

フードコーディネーターについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会 HP

フードコーディネーター2級 受験体験記

 
カテゴリ:フードコーディネーター  コメント: まだありません

今日で8月も終わりですね。
皆さん、夏の思い出はたくさんできたでしょうか?
私の夏の思い出は・・・家族で寝込んだこと(笑)?健康の大切さを痛感しました。

さて、私はフードコーディネーター2級2次試験の受験、夫もお会いしたい方がいるということで、この週末~週中にかけて、夫の埼玉の実家に帰省していました。
試験の終わった後の日を利用して、「電車に乗ってチョコレートを買いに行こう!」と長男と約束していたのですが・・・再び次男と私が風邪をひいてしまい、約束を果たしてやることができませんでした。

「電車に乗るのを楽しみにしていただろうに、申し訳ない」と思いましたが、長男はおばあちゃんに遊んでもらっただけで大満足な様子でした。
彼を見ていると、「現状に満足する、満ち足りることの大切さ」を考えさせられます。もちろん、目標を持って日々邁進し、努力することは大切です。反面、今ある幸せに満足し、感謝することも大切です。
今回の帰省はあちこち出かけることはできませんでしたが、電車とチョコレートの楽しみはまた次回に取っておいて、おばあちゃんに家族そろって元気な姿を見せられただけで良かったということにしたいと思います。

さて、今回受験した2次試験はどうだったかと言いますと・・・
結果にどう反映されるかは知りませんが、自分なりに解答用紙は埋め、1次試験よりはできたかな~という感じです。
1次試験はマークシート形式。それに対して2次試験は記述式になります。

今回は「食の商品開発」を専門分野に選んで受験しました。
与えられた前提条件を基に、企画書形式で回答していきます。

仕事や家事・育児をしながら勉強をしている人はみんなそうだと思いますが、勉強のために満足な時間はなかなか取れません。
今回も決して準備万端というわけにはいきませんでしたが、テキストを暗記するような勉強の仕方より、商品開発のプロセスを頭の中で整理したり、いかにコンセプトを明確にしてそれを具現できる商品を企画できるか自分でお題を与えて考えてみたり、スーパーに行って食品の原価の感覚を身に着けたりすることの方が、実戦につながると思いました。

設問の中には、「提案したメニューの盛り付けイメージをイラストで書け」なんて絵心を問われたりする問題もありました。決して絵が上手である必要はありませんが、「伝わる絵」を書くのって、慣れてないとなかなか難しいものですね。

自分の考えを形にしてみるというのは予想以上に楽しく、時間との戦いだった1次試験に比べて、2次試験はとても楽しめました。
私の回答を採点官の方がどう評価するかはまったくもって予想できませんが、今後のためにも合否発表の隅にでも「こうしたらいいよ~」とかアドバイスいただけるとうれしいかなと思います。もっとも、一人一人の受験者にそんなことしてたら大変なので、おそらく難しいとは思いますが・・・。

合格発表は2か月後。今できるベストは尽くせたと思いますので、あとは結果を待つのみです。
仮に落っこちてたとしても、テストの時間感覚とか、問題の形式とか、次回の勉強の参考になったので、収穫は大だったと思います。

ブログ

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

ぷてぃ・べるじぇの詳しくは・・・

関連組織

お気に入り

オンラインショップ
お問い合わせ