ブログ

「食べる」ことから世界が広がる!こころで食べる味わい教室、始めます

 
カテゴリ:フードコーディネーター  コメント: まだありません

お久しぶりです!園主の妻で、普段はほとんど農家のおばちゃん、そして時々フードコーディネーターの忍です。最近の私は、自分がやりたいと漠然と思い描いていたことが、少しずつ具体的になってきたような気がして、ちょっとワクワクしているところです。

就農したころから、「農産物をもっと身近に感じてもらいたい」と考え、フードコーディネーターの資格をとったところまではよかったのですが、その後活動の方向性を定められずにいました。
「食卓から遠く離れたどこかで栽培された農産物」ではなく、「こんな場所で、こんな人が、こんな風に作ったんだ」とストーリーもお届けできたら、食べることももっと楽しくなるのではないかと思います。
HPやブログ、SNSなど、情報を発信するための便利なツールはいくらでもありますが、できることなら多くの方と実際にお顔を合わせて一緒に楽しむような企画が出来ないかと考えていました。

そんなところに、フードコーディネーター協会の理事の方から、「味わい教育」のご紹介をいただいたとき、「これは、私のやりたかったことを実現できそうだ」と本能的に感じました。
そういうわけで、すぐさまインストラクター養成講座への参加を決めました。

「味わい教育」と聞くと、「味覚教育」と思われるかもしれません。
確かに、味覚を鍛えることも重要な要素ですが、「味わい教育」は味覚教育だけにとどまりません。
わかりやすい言葉でいえば「食育」ですが、栄養学や食物学の知識を教える教育でもありません。
「味わい教育」は五感をフルに活用して食べることによって、生きる力、考える力、感謝する力、感動する力、コミュニケーションする力、文化や未来を創造する力を育んでいく、「人間教育」です。
例えば、「このトマト、いつもより味が濃いね」「どこで作られたんだろうね?」「どんな人が栽培しているのだろうね?」「どうやって運ばれてきたんだろうね?」「どこで買ったの?」「トマトはどんな気候で育つのだろう?」「トマトのおいしい時期はいつだろう?」「トマトの色って、真っ赤なお日様のようだね。見てるだけで元気になるね」「トマトって健康に良さそうだよね」…という風に。たった一つの食材から、いろんな世界が見えてきます。

私が参加した講座のアクティビティでは、先生が一本の大根を取り出しました。
「この大根見て、どう思う?」
だいたい主婦の人なら、「どうやって料理しようかな?」と考えるでしょう。次に、そのレシピや材料を思い浮かべるかもしれませんね。
次の瞬間、先生が大根にかじりついて言いました。
「なんでそうやって頭で考え方えようとするの?この大根どんな味かもわからないのに?」
素材の味を大切に…などと言いながら、素材自体の味のことを考えてなかった!

また、別のアクティビティでは、数種類の透明の水を飲んでみて、基本五味を識別しました。
自分が塩味と旨味の違いをよくわかっていなかったことに気が付きました。
人間の舌は、考えていたよりも鋭敏にできています。しかしながら、日頃は濃い味付けに慣れ過ぎているあまりに、薄味を物足りなく感じていると思いました。

このように、「こころで食べる 味わい教室」では、食べることをもっと楽しい、わくわくすると思えるようなアクティビティを準備しています。大人から子供まで、食べることに興味がある人ならどんな人でも参加できます。日々の食事でほんのちょっと意識するだけで、違った世界が広がりますよ。
私も、研究所の先生方のように、参加者の方の感性を大事に、「伝える教育」ではなく「引き出す教育」をめざして生産者という立場ならではの教室を開催したいと思います。また、地方で活動するインストラクターとして、その地域ならではの食材なども取り上げて、教室を開催してみたいと思います。

そして、インストラクターになりたてでまだまだ未熟ではありますが、ぶどうがまさしく旬を迎えたこともあって、記念すべき(?)第1回こころで食べる味わい教室を開催することになりました!
下記にご案内しますので、お近くの方はぜひいらしてくださいね!

日時 平成26年9月27日(土)10:00~2時間程度
場所 生坂村北陸郷 上野農村公園
インストラクター 中村忍(フードコンシャスネス研究所 味わい教育3級インストラクター)
参加費 一人1,000円(当日受付時にお支払いください)
食べることに関心のある方ならどなたでも参加できます。親子での参加大歓迎です。ただし、4歳未満の小さいお子様は同伴可能ですが、託児はありませんのでご承知ください。
お申し込みは、shinobu.nakamura@petit-verger.comまでお願いします。

ぶどう畑を眼下に見下ろす丘の上で、旬を迎えた採りたてぶどうを数種類食べ比べる楽しいアクティビティを計画してます。ぜひ、信州の秋の気配を感じてみてください。
当日の朝食は刺激物を控えて来られることをオススメします。

また、私が認定を受けたフードコンシャスネス研究所でも、学習院女子大学にて一般の方でも参加できるワークショップを随時開催しております。
お近くの方はこちらにもぜひ足を運んでみてくださいね。
フードコンシャスネス研究所

以上、園主の妻の初心表明とご案内でした(^^♪

2014年春の想い出?

 
カテゴリ:ぶどう園のこと  コメント: まだありません

今日は久々の雨模様。
ということで、久々のブログ更新デス。

よく農繁期(6~10月)以外はナニしているの?と聞かれます。
冬は剪定、春は雨除けのビニール被覆や畑の整備などなどというのが一般的だと思います。

↓今年も雨除けビニールの被覆を4月下旬~5月初頭に行いました↓
20140521_雨除け_WEB

↓左が被覆済み。右はこれからデス↓
20140521_妻面_WEB

1~2年目の頃はなかなか大変だなぁ~、と思い東京在住の友人たちに手伝ってもらったりしていました。
(本当にありがとうございます!)
今年は4年目。
流石にちょっと慣れてきたのか、以前ほど大変さを感じなくなってきました!

例年、ビニール被覆の前後にぶどうの発芽を迎えるのですが、今年もドンドン成長しています。
芽が出てくると「いよいよぶどうの時期かぁ」という感じが高まってきます。

20140521_発芽_WEB

さて、ここまでは毎年行っていることなのですが、今年は4~5月で当園始まって以来の(?)Big Projectが動き出しました!

それは・・・

・・・
・・・
・・・

「小屋づくり」デス!

おかげさまで出荷量も年々増えてきて、作業場が手狭になってきました。
既存のガレージをもう一個建てるか、それともDIYでやってみるか・・・。
色々悩みましたが、折角の機会なので、自分たちでやってみることに!

ということで、まずは整地からの測量。
これがずれると上モノもガタガタになるぞ、と先輩農家から釘をさされたので慎重に。。
20140521_測量_WEB

支柱の位置が確定したら穴を掘って下準備。
ここまで地味な作業が続きますが、とっても大事。
思ったより時間がかなるなぁ~、とぼやきながら作業をしていました(笑)。
20140521_支柱穴_WEB

でも支柱を立て始めると目に見えて作業が進んでいきます。
テンションUPで作業効率もUP!
足場用単管で骨組をドンドン作っていきます。
20140521_骨組1_WEB

20140521_骨組2_WEB

屋根や壁の下地には木材を使用。
しっかり長持ちしてもらわないと困るので、防腐剤を2度塗り。
元は白っぽい色合いなのですが、ダークブラウンに変身。
これも味があっていいかも??
20140521_防腐剤_WEB

いよいよ屋根をかけていきます。
高所での作業なのでドキドキ。
(実は高所恐怖症デス。。。)
20140521_屋根構築_WEB

でも順応性はそこそこ高いようで、1日したら慣れました(笑)。
ひやすら屋根を釘で打ち付けていきます。
20140521_屋根完了_WEB

屋根も完成!
でもすでに5月上旬。
延べ日数も10日を超え、当初の予定を大幅にオーバー。
(ちなみに当初の予定は1週間。今考えるとかなり無謀な予定デス(汗))

ぼちぼちぶどうの作業もはじまるなぁ~。
どうしよーかなぁ~。
とりあえず、現実逃避ということで、完成した屋根から畑を眺めますww
20140521_屋根からの眺め_WEB

それでも屋根が終われば、壁とドアをつければ概ね完了。
もう一息。
ラストスパートでがんばります。

壁はコンパネを使用。
下地材にしっかり固定。
大分、来屋っぽくなってきた、、、かな??
20140521_壁_WEB

一通り壁もはり終わりました。
骨が折れる作業でしたが、なかなか面白いものです。
次回(あるのか?)は、さらにグレードアップした何某かをつくろうかな、なんて(笑)。
20140521_概ね完了_WEB

内装はほとんど手つかずですが、第一期工事はほぼ完了。
ここまでの総工数は約160人時。
いやぁ~、頑張りました。

今年の秋、ぷてぃ・べるじぇへお越しいただける方はぜひご覧くださいませ~。
そして一言二言、小屋の事に触れていただけると嬉しいデス♪
気を良くした園主からサービスがあるかも??

収穫期がはじまるまでには内装工事も終え、万全の態勢で皆さまをお迎えしたいと思います。
この春で飛躍的にDIYスキルを身につけたぷてぃ・べるじぇに乞うご期待デス(^^)/

スポーツの冬?

 
カテゴリ:小さな出来事  コメント: まだありません

2月に入ったということで(?)、久々にブログを更新させていただきます~(^^)
史上最強クラスの寒波到来ということで、私たちの村では昨日マイナス12℃を記録しました!
寒いですね~。

1月の下旬はかなり暖かく、最高気温が17℃まで上がる日もありました。
一度暖かいのに慣れてしまうと、いっそう寒く感じますね。(ぶるぶる)
まだまだ寒い日が続くと思うので、しっかり冬モードに切り替えてがんばりたいと思います。

話は変わりますが、いよいよオリンピックですね~。
面白そうな競技がたくさんあるのですが、個人的にはモーグルとフィギュアスケートに注目してます。
いずれにしても、日本人選手の活躍が楽しみです♪

さて、僕らもオリンピックにあやかって(?)、というわけではないのですが、先日2年ぶりくらいに卓球をやりました。
思えばスポーツらしいスポーツはかなり久しぶりかも。。

実は毎年2月に村の卓球大会が行われ、その前哨戦として地区の大会が行われます。
そして地区大会は集落の対抗戦。
で、大会のちょっと前に選手として出て欲しいという打診をいただきました。
ということで、夫婦そろって参加することに。

20140206_卓球_WEB

さすがは元卓球部。
活躍してました。
6戦5勝。
嫁の活躍もあり、僕らの集落は全8チーム中、なんと準優勝!

えっ?
僕の成績ですか??

・・・。
・・・。
・・・。

なんと。

3戦・・・。

全敗。

でした。。(涙)

最後の対戦相手はおじいちゃん。
僅差で負けちゃいました。

近所のおじちゃん「じじに負けてどうするだ!」
嫁「なんで息あがってんの??」

いや、そんなこと言われても。
相手ウマいし。
きっと毎週練習しているし。
そうに違いないし。。
(女々しいww)

そして、大会後のお疲れ様会では、久々に昼間っからビール。

嫁「昼から飲むなんて珍しいじゃん」
僕「勝ちたかったよ~」
嫁「はいはい」
僕「勝負事は最後に勝つから楽しいんだよ~」
嫁「そうですね~」
僕「来年は絶対勝つ!」
嫁「えっ、来年も出るの?」
僕「勝つまでやる!!」
嫁「妙なやる気を出しちゃったよ、この人」

ということで、久々の球技で勝負魂に火がついちゃった一日でした~(^^)

A Happy New Year 2014

 
カテゴリ:ごあいさつ  コメント: まだありません

少々遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます!
本年もぷてぃ・べるじぇをどうぞよろしくお願いします。

新年早々、強い寒波が到来ということで寒い日が続いていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
私たちは剪定作業をはじめ、休みの日には子供とソリで遊んだりと、
寒い中にも楽しみを見出して長野でのくらしを満喫しています(^^)

また、先日初詣に行ってきました。
昨年を振り返りつつ、そして今年も充実した時間が過ごせるようにお祈り♪
なんとなく気が引き締まったような感じで満足して返ってきました(笑)。

DSC_0780_WEB2

「昨年を振り返りつつ」ということで、ちょうど1年前に書いたブログの事を思い出しました。
そう、2013年の抱負を書いたブログです。

そこに書かれていることは・・・

1.「お客さまとの対話」
2.「三方よしの栽培」
3.「農業+αへの挑戦」

の3つデス。

改めて見てみると・・・

ふむふむ。

・・・。
・・・。

我ながら、なかなか良いことを書きました。。
そして、出来たことと、、、、、出来ていないことも、、、あります。。(スイマセン(涙))

まず「お客さまとの対話」については、諸般の事情によりマルシェには2回しか出店できませんでした。
ただその分、長野でじっくり腰を据えて販売時期を過ごせたので、また違った面でお客さまと接する機会が持てました。
アンケートでは本当に色んなご意見を書いて下さるのですが、複数の方から「ムリのない範囲でサービス展開してください」というご心配のコメントをいただいたことがあります。

実をいうとマルシェ出店する時は、結構ムリをしていました(笑)。
コメントを下さった方たちの慧眼に恐れ入りました。。

自分たちに出来ることに集中する。
これもまた大事な事だなぁと思う今日この頃です。

もちろん「お客さまとの対話」は引き続き超重要なテーマ。
2014年は対面販売の機会を増やすのではなく、限られた機会でより深くお話できる工夫をしていきたいと思っています。
アンケートや当園の直売所にご来園いただいた方々との接点がメインになると思いますが、
私たちから「どんなサービスがいいですか?」というスタンスではなく、
「こんなのはどうでしょう?」と極力具体的にお聞きできるようにしたいと思っています。

2つ目の「三方よしの栽培」ですが、2013年のブログにはこう書いてあります。

———————————————–
「買い手よし」は大前提。
でもそれを実現していくためには、「売り手よし」となることも重要。
そのためには、品質と収量の両方を追求していく必要がある。
また「世間よし」の観点から環境にも配慮していく。
———————————————–

上記は永遠のテーマでなぁ、と改めて痛感しています。
去年と比べれば、栽培の造詣は深くなっていると思います。
でもその分、分からないことややっていなかったことにも気付かされます。

「一生勉強」

その道を究めるということは、本当に果てなき旅なのだなぁとしみじみと感じます。
5年後10年後に振り返った時、「まだまだだなぁ」「でもそれなりに前進しているかな」と思えるように今年もしっかり取り組んでいきます。

品質面での「買い手よし」はもちろんさらに追及していきますが、「売り手よし」となる技術にも磨きをかけたいと思います。
また環境面での配慮「世間よし」については、2014年中にいくつか形にする予定。
具体的には「エコファーマー」などの認証を受けるつもりです。
こういった制度が全てではないですが、目に見える形でも「三方よしの栽培」を実現していける年にしていきたいと思います。

3つ目の「農業+αへの挑戦」。
これについては、試行錯誤の年でした。。
加工品開発や遊休荒廃地解消の取り組み、組織販売の可能性など少しずつではありますが、多方面に色々と模索し続けた年だったように思います。
どれもなかなかに難しく今も芽を出させるべく悪戦苦闘している最中。

正直、具体的な形にはなっていないのですが、いくつかのテーマには踏み出すことはできた・・・かな?
2013年にもがいた分、2014年は取捨選択の年にしていきたいと思います。
注力するべき「+α」を選び、芽を出し、育てていく、そんな年にしたいです。

また1年後、2015年の新年のご挨拶を本ブログでさせていただくつもりです。
その際に、「お客さまとの対話」「三方よしの栽培」「農業+αへの挑戦」のそれぞれにおいて、
しっかりと前に進んでいますよ!というご報告をぜひしたいと思います。

上記3つのテーマはきっと私たちぷてぃ・べるじぇにとって、根幹的なテーマだと思います。
そしてこれらに対して、これまではがむしゃらに取り組んできました。
2014年はいい意味で力を抜いて自然体で取り組んでいくつもりです。
家族で力を合わせて、一生懸命やりつつも、めいっぱい農家仕事や農村生活を楽しむつもりです。

就農4年目。
ちょっぴりぶどう栽培にも慣れてきた頃。
だからこそ初心に立ち返り、1年目のワクワク感を大事にして行こうと思います。
そしてこの3年間の経験を活かして、しっかりと形にしていきたいと思います。
5年後も10年後も皆さまに愛される果樹園を目指して。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました!
本年もぷてぃ・べるじぇをどうぞよろしくお願いいたします。

2014年1月吉日
園主 中村和博

新作ジュース。その名も「すかーれっと」!

 
カテゴリ:ぷてぃ・べるじぇのイチオシ!  コメント: まだありません

皆さまこんばんわ。
園主かずです。

最近、TVを見ると有線大賞やドリームオファーなど年末を感じさせる番組が目立つようになってきましたね。
今年もあっという間に終わりを迎えようとしています。
1年はホントに早い・・・。

2013年は私たちにとってチャレンジの年となりました。
収穫できるぶどうの量も昨年の倍以上になり、夫婦だけでなく地域の方々にも働いていただいて農園を運営していく。
元々、地方の活性化に貢献したいという想いで就農した為、雇用を通じた地域貢献も常に意識していました。
小さな小さな一歩ですが、ほんの少しだけ前に進めたような気がしています。
雇用することの大変さや難しさを痛感しつつも、やりがいやチャレンジして良かった!という充実感もそれを上回るくらいありました。
2014年はより大きなチャレンジをして、長野発の元気な農業、農村ライフを実現していきたいと思います(^^)/

また、小さなチャレンジもたくさんしています。
その中の一つがタイトルにも書かせていただいた「すかーれっと」。

生食のぶどうだけだと、皆さまに楽しんでいただける時期が9~10月のみ。
もっとフルーツを身近に、気軽に楽しんでもらいたいと思っている私たちにとって、
わずか1カ月半の収穫期というのは、少し寂しくも感じています。
一昨年から製造しているジュースは、もっと長い期間フルーツを楽しんでいただきたい、という気持ちから始めました。

「あめじすと」はこの2年、大変ご好評をいただいてきました。
ただ、それに満足せず、他に面白いジュースは作れないか?と試行錯誤して生まれたのが「すかーれっと」。

あめじすとは巨峰100%ということで、その濃厚な甘さが際だっていました。
「こんなに甘いジュースは初めて!」
驚きと共にお褒めの言葉をいただき、とてもありがたいな~と感じました。
と同時に、「巨峰以外でも美味しいジュースはできないか??」と思案するようにもなりました。

そこで、シナノスマイルとロザリオロッソのジュースを搾ってみることにしたのです。

すかーれっとの約9割を占める「シナノスマイル」
しっかりとした酸味が魅力的♪
IMGP9764_WEB

そして、上品な風味を加えてくれる「ロザリオロッソ」
ロザリオロッソ_WEB2

個性の違うぶどう、シナノスマイルとロザリオロッソ。
この2つが出会うことで、酸味も甘さも風味もほど良いバランスになりました!

そして仕上がりはこんな感じ♪
IMGP0912_WEB

ほんのりピンク色のぶどうジュース。
かなりのレアもの。
ぶどう通の皆さま、必見デス(^^)

100本限定での販売となりますが、下記URLよりご予約を受け付けております。
(発送は2014年1月中~下旬頃の開始予定となっております)

http://www.petit-verger.com/products/list.php?category_id=11

これからも皆さまのご意見を頂戴しながら、より身近に、よりお手軽に、よりおいしく、フルーツを楽しんでもらえるように、
たくさんのチャレンジをしていきたいと思います。
ぷてぃ・べるじぇの日々の活動はfacebookに投稿していきますので、ぜひ「いいね!」を押して情報をチェックしてくださいね~。

facebookページ
https://www.facebook.com/petitverger

ブログ

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

ぷてぃ・べるじぇの詳しくは・・・

関連組織

お気に入り

オンラインショップ
お問い合わせ