採用情報

正社員・アルバイト募集のご案内

ぷてぃ・べるじぇでは、スタッフを募集しております。
農業に携わってみたい、自然の中で働いてみたい、果物大好きという方、大歓迎です。
また、経営に近い所で仕事をしてみたい、事業を成長させる過程で自分も成長したいという方、当園で農業という仕事にチャレンジしてみませんか?
日本の食文化を支える農業。そんな仕事を私たちと一緒に盛り上げてくれる、協調性があり、活力のある方のご応募をお待ちしております。
ぷてぃ・べるじぇのぶどう園

募集要項はこちら

仕事内容

施肥

ぶどうづくりは土づくりから。
堆肥や肥料を撒いたり、排水処理を行います。

施肥
藁巻き

長野の冬はとっても厳しいです。
ぶどうの樹も藁を撒いてあげて冬支度です。

藁巻き
剪定

不要な枝を落して、樹形及び樹勢を調整。当年のぶどうの出来を左右するとっても重要な作業です。

剪定

 
 
 

皮むき

粗皮を高圧洗浄機でキレイに剥いていきます。害虫の防除に効果的。少し暖かくなってくる4月初頭に行うので、シーズンの到来を意識し始める作業です。

皮むき
ビニール被覆

ぶどうの上にビニールを張って雨が畑に入らないようにします。これによってぶどうの品質もグンと向上。風がない早朝から行います。雨除けの上から眺める朝日は格別です。

ビニール被覆
房作り

ぶどうの花を適正な長さに切り詰めます。これにより着粒を安定させ、見た目もよい高品質なぶどうができてきます。ぶどう栽培における繁忙期の一つです。

房作り

 
 
 

摘粒

ぶどうの粒を適正な数に間引いていきます。これにより残った粒がグングン肥大していきます。しっかりと粒を大きくして、立派な房をいかに作るかが作り手の腕の見せ所です。

摘粒
袋かけ

栽培作業もいよいよ大詰め。収穫1カ月以上前からぶどうに袋をかけてあげます。降雨等による病気感染もシャットアウトして、快適な状態でぶどうを成熟させていきます。

袋かけ
出荷

手塩にかけて育てたぶどうをお客さまにやっとお届けできます。1箱1箱、気持ちを込めて梱包。私たちのぶどう、どうか喜んでいただけますように。

出荷